日記

ご近所君に庭園でなったミカンをいただきました。

住まいのお向かいくんの庭園にはミカンの木があり、今オレンジ色彩の実がたくさんなっています。前日、その住まいのおじいちゃんとおばあさんがミカンを大量にわけてくださいました。おじいちゃんとおばあさんだけでは食べきれないから、近所の家屋にも毎年おすそ分けできるのです。住まいの前述を受かる度に「おいしそうだなあ」としていたので、とても嬉しい出来事でした。
早速妻とただいたミカンをおやつに食べてみました。想像以上に甘くておいしかっただ。庭園で育てたミカンというと、皮が厚くて酸っぱい空想がありましたが、異なりました。見た目は確かに代物よりも緑がかっていたりしますが、皮も柔らかくて天然の甘さがちょうど良かったです。
これなら乳児も食べられるかもしれないと憧れ、生後7か月の乳児にも果汁を絞ってスプーンで与えてみました。やはり甘くておいしかったようで、ぺろぺろと舐めていました。また1つ、新しい元凶に当たることができました。