日記

我が暮らしを振り返っておもう件~恢復の通りは居残る!

平成4時に入社して7時眼、新婚航海から帰ってきて、即日気の病で失神し、家内にも手数をかけました。しばらくして、うつ病に病名が変わりましたが、三環間柄、SSRI、SNRIなどの薬を試されましたが、効いた感じはしませんでした。
平成12時にはげしい躁状態になり、働き手10000における会社でオーナーに会いに赴き、考え方具申しました。そのコンディションをドクターに報告すると双極性困難と診査されました。実態が非常に悪く休日が続きました。
平成17時に意気込み障がい人間に認定されました。
平成20時にとうとう勤務できなくなり退職しました。それから、傷病奨金で年間、オタク治療で年間過ごしました。
平成25時に21通年暮らした所帯と経済的な理由で離れました。
今は、ドクターとケースワーカーに進められて厚生設備に通っております。端末関連の厚生設備で年間なかばの間にMOSのWordとExcel の資格が取り去れました。最後に実態を薙ぎ倒したお日様から一年になり安定してきたので、平成29時の春には障がい人間範囲で一般企業に就職できればなと、そして体制8時にやってきた少林寺拳法を続開したいなと思っています。