日記

久しぶりにビデオ館に行きたくなりました。

昔から特にムービーびいきというわけではないので、ムービー館よりもDVDを借りて家でゆっくりと見たい仲間だ。ビックリで泣いているのをお客に見られたくないというのも家でムービーを見極める長所の1つだ。在宅なら傍を気にせずムービーに浸れますからね。
これまでにムービー館の大ディスプレーで見て良かったのは、「永久のNO」と「秒速5センチメートル」だ。
「永久のNO」は、最後の機会の迫って生じる岡田くんの面構えが印象的で、あの機会はムービー館で見て良かったなあと感動しました。
「秒速5センチメートル」は今話題の新海誠演出の力作だ。種子島や栃木の岩舟のシーンが美しく描かれていて、大ディスプレーですさまじさがありました。仕組も切なすぎて、山崎まさオッケーちゃんの曲を聴くだけで思い出して喚きそうです。
その新海誠演出の「ちゃんの名称は。」が近年大ヒットしています。またまた動画が画像のようでとても美しいと言います。それを聞いて、久しぶりにムービー館をめぐってみたくなりました。うちにはまだ小さい娘がいるので、日曜日に女房に預けて見に行こうかと思っています。