日記

久しぶりに見に行った地域運動会で思った点

今日は地区の運動会がありました。
久しぶりに見に行ってみると各種事が変わっていて、びっくりしてしまいました。
まず、間隔が大幅に減っていました。わたくしが昔は午前9場面くらいから昼過ぎ3場面までやっていたというのですが、今の最期時間はお昼だ。3間隔で終了してしまうことに驚きました。
計画のほとんどが保育園児のリレーでゾーン住民参加のネゴシエーションは障壁競走だけ。
わたくしが昔はほぼ半々で、地域の一方で子供たちのリレーの準備をしてもう一方で住民たちの競技を通じてましたが、とも園児たちが学年別で準備しているだけのステップがほとんどでした。
わたくしはと言うと参加はせずに見ているだけでしたが、地区の住民もほとんど見に来ていなくて、観賞者は保育園児の両親がほとんどに見えました。
昔の持ち味を知ってるだけに、少し寂しくなったもののこれもトレンドなのかなとも思ってしまいました。
逆に保育園児たちの健闘が目立って、とても微笑ましい持ち味をゆっくりと探る事が出来て今の形の運動会の方が良いなと思いました。
ふらりと立ち寄った運動会でしたが、一応まだ『ゾーン運動会』と銘打ってるので見極める事が出来てよかったです。