日記

自然と平和をかわいがり推し進める教養のお天道様

日本に定められている16の祭日のうち、11月々3お日様の教養のお日様は、憲法記念日が公布されたお日様であり5月々3お日様に施行されました。 生徒の内は「スクールが休日になってうれしい」としか思っていませんでしたが、教養のお日様の本当の意味は、自然と太平をかわいがり教養をあおるお日様であり、明治天皇の年令でもありました。
 教養のお日様の上限事象は、皇居で行われる1937時代から貫く歴史ある教養勲章の親授範疇だ。 無料で提供受ける全国のミュージアムや美術館で、日本の教養に触れてみるのもよいかもしれません。
幼児が通っていた保育園のバザーでは、着られなくなった服、使わなくなったおもちゃやぬいぐるみを出品したり、手作りの力作を販売したり、幼児の服や教員ほうが渡した間食を安く買ったりしていました。 また、子供達が喜べる輪投げ決戦やヨーヨー受けとりなどのお祭りもありました。
中学生時代には展示した絵や力作を親子が見に来ました。 高校生時代には妖怪住宅やカフェなどの各範疇の出し物があるお祭り騒ぎものの誰でも遊べる教養祭がありました。 このように、私たちの身の回りには教養に触ることができる色々な事象があります。
 11月々ごろ、王子の用紙美術館や荒川区の塗り絵ミュージアムなどに赴き、教養に当たる催し物を保ちたいとしていらっしゃる。