日記

自分のしてしまった事に大いに悔いす。

鏡を睨み、なるほど、自分のしてしまった事を大いに後悔してしまった。
男の人が顔つきに傷がついても「ハクが付く」なんて言って威張っていられるのだろうが
(本当のとこは、どうなんだろうか?)
しかしまあ、見事に斜めに二文献、引っかき故障が残ったものだ。
我々が自分の顔つきを引っ掻いたのではない。
椅子の上で爆睡していた猫を下ろそうとして抱っこした形式がまずかった。
あっつ!と思った時爪で引っかかれてしまった。
よく見てみなければわからないのかもしれないが、
人間の護衛本能として、故障を押し隠す機能をしてしまう。
「そんなことするから、余計際立つんだしょ」
幼児にケアされるが、どうにもそこにアプローチがいって仕舞うのだ。
年配に片足突っ込んですような年代の我々だが一応マミーの有様として
顔つきに故障があるのはちょい、恥ずかしい。
なるほどしかも、こんな時に限って自分と逢うのだ。
厚化粧して騙かすか?しかし、やはり故障は浮かんで来る。
マスクです、マスクがいいわ。
流感ひいて要るまっ最中なんだから、違和感ないよね。
外ではなんとかごまかせた。
家に現れる相手方や、配送便の自分にはどうにもならない。
ポンポーンが鳴ったら、マスクしてないことを忘れ
こういう手負いの?顔つきを見せてしまった。
故障がすっかり無くなるの、は何時になるのやら。
今日も鏡を見、後悔にかられるのである。
マスクして