日記

電気代を節電できる安くて暖かい防寒対策!

寒い時期、暖房機器が手放せなくなってくると、暖かい客間から出たくないことや、こたつで寝て仕舞う経験があると思います。 しかし、空調よりも暖房の方が高くなる電気代が気になってしまいます。 そこで、暖房の無用ぐらい暖かくなるように内部に少し手を加えて電気代を節約しましょう。
客間を暖かくするためには、防寒席順、箱詰めするときに使われるエアーキャップ、俗にいう“プチプチ”やダンボールを使うと効果的です。
外からの冷気の侵入を防ぎ、輝きを取り入れることができる“プチプチ”や防寒席順を窓に付けると、内部の暖かい模様を逃がさず、結露とカビの偶発も防止します。 防音威力もあるダンボールを布団やカーペットの下に敷くと、水気を吸収してくれる。 ダンボールが傷んでいないかこまめにチェックしましょう。
窓際に暖房機器を置く、扇風機を併用して模様を流れさせるなどの工夫をすると、客間を暖かくすることができます。
防寒席順、“プチプチ”やダンボールを賢く利用し、そして、暖房威力が増すようにフィルターも掃除してこれから来る寒い冬季を乗り切りましょう。